副作用はあるの?胎児に影響がある葉酸サプリの副作用について

 

葉酸サプリは、妊娠を希望している方や妊婦さんが摂取することが多いサプリメントであり、
厚生労働省も、1日に400μgの葉酸をサプリメント等から摂取することを推奨しています

 

この葉酸サプリの副作用について考えてみた事はありますか?
推奨されているから身体に悪影響はないものだというように感じている方も多いかもしれません。

 

ですが、もし胎児に影響のある副作用があるとすれば、
その点はしっかりと把握し、副作用が出ないように心掛ける必要があります。

 

ここでは葉酸サプリの副作用についてまとめましたので、参考にしていただけると幸いです。

 

 

◆副作用の危険性 〜過剰摂取〜

 

何にでも言えることなのですが、過剰摂取には注意が必要ですよね。
食事も食べ過ぎると身体に悪影響を及ぼしますし、健康に良いとされるものも、摂りすぎては逆効果です。

 

葉酸サプリも同じで、いくら葉酸が胎児や母体に必要なものだからといって過剰摂取となってしまうと、
胎児や母体に悪影響を与えてしまうことがあるのです。

 

 

葉酸の推奨摂取量について

 

厚生労働省が指定している葉酸の推奨摂取量は・・・

 

一般の女性・・・1日に240μg
妊娠を希望する女性・・・1日に400μg
妊娠中の女性・・・1日に400μg

 

240μgであれば食品から摂取することもできるかもしれませんが、
400μgは食品から摂取することが難しいため、サプリメントからの摂取が推奨されています。

 

葉酸は、胎児が先天性異常をもって産まれるリスクを低下させてくれる働きがあるため、
妊娠前から摂取しておくことが重要となります。

 

 

葉酸の過剰摂取となる量は?

 

葉酸が胎児に良いとしてたくさん摂取しようとする方もおられますが、
摂取量はしっかりと守らなくてはなりません。

 

過剰摂取の量となってしまうと、副作用の症状が現れる可能性があります
国立健康・栄養研究所では、葉酸の過剰摂取量は1,300μgだと記されていました。

 

 

もし過剰摂取になるとどうなるの?

 

では、過剰摂取となってしまった場合、どのような副作用があるのでしょうか。

 

  • 喘息
  • 蕁麻疹
  • アトピー
  • 吐き気

 

など、このような副作用の症状が現れるとされています。
胎児にも影響があるとなると、過剰摂取は危険だと感じますよね。

 

 

◆過剰摂取になる可能性は高い?

 

赤ちゃんのために葉酸サプリを毎日飲んでいても、
過剰摂取となってしまう可能性が高いのであれば、飲みたくないという方も多いと思います。

 

葉酸は食品からも摂取できるものですので、日常の食べ物とサプリで
過剰摂取の危険性があるのであれば、注意したいところですよね。

 

 

食事から摂取する葉酸

 

葉酸は食品から摂取することが可能ではあるものの、
400μgの葉酸を摂取するだけでも、ほうれん草を約7束も食べなくてはなりません。

 

それが過剰摂取分となると相当な量を食べなくてはならないことになります。

 

つまり、日常生活の中で普通に食事をしている分には、
葉酸の過剰摂取となる心配は、ほとんどないと言えます。

 

 

サプリメントから摂取する葉酸

 

一般的な葉酸サプリの場合、1日に400μg程度の葉酸を摂取できるように量が決められています。
また、サプリメントの中には、1日に200μg程度しか摂取できないものもあります

 

葉酸以外の成分も過剰摂取とならないように配慮されている商品が多いので、
それらを守って飲んでいれば、葉酸の過剰摂取となる危険性はありません。

 

 

◆過剰摂取よりも葉酸不足の心配を!

 

葉酸の過剰摂取による副作用は存在しているものの、
それらは普段の生活の中では危険性が少ないということが分かりました。

 

この葉酸の過剰摂取よりも、葉酸が不足してしまうことを心配するほうが大切です。

 

 

葉酸不足は胎児に悪影響を与える

 

葉酸不足となることによって、胎児の先天性異常のリスクが高まります。
先天性異常の一つである無脳症は、流産や死産の危険性があるほか、
医師が中絶を勧めることがある難病です。

 

葉酸の過剰摂取よりも、葉酸が不足してしまうことの方を心配すべきなのです。

 

 

関連記事

葉酸サプリを購入前にチェック!こんな葉酸サプリが危険!
ディアナチュラ 葉酸サプリはモノグルタミン ?ポリグルタミンとの違いは?