ディアナチュラ 葉酸サプリはモノグルタミン ?ポリグルタミンとの違いは?

 

葉酸サプリには、様々な種類のものが販売されていますよね。
人それぞれ、価格や成分、飲みやすさなどでサプリを選ばれていることと思います。

 

この葉酸サプリに配合されている”葉酸”にも、種類があるということをご存知ですか?

 

ここでは、葉酸の種類についてご説明していくとともに、
ディアナチュラ葉酸サプリの葉酸はどのようなタイプのものなのかを見ていきたいと思います。

 

 

◆葉酸には2種類ある?!

 

葉酸には、モノグルタミン酸型の葉酸と、ポリグルタミン酸型の葉酸の2種類があります。
モノグルタミン酸型は合成葉酸であり、ポリグルタミン酸型は天然葉酸となっています。

 

合成と天然・・・赤ちゃんのために飲むならば天然葉酸の方がいいような気がしますよね。
実際にはどちらの葉酸が良いとされているのでしょうか。

 

 

厚生労働省が推奨しているのはどっち?!

 

どちらが良いのかということを判断する基準のひとつとして、
厚生労働省が推奨している葉酸のタイプを見てみることにしましょう。

 

厚生労働省は、モノグルタミン酸型の葉酸を摂取することを推奨しています
モノグルタミン酸型ということは、合成葉酸ですよね。

 

天然のものが良いはずが、どうして葉酸は合成のものを推奨するのでしょうか・・・

 

 

どうして合成葉酸がいいの?!

 

どうして合成葉酸であるモノグルタミン酸型の葉酸を推奨しているのか、
その理由をご説明していきたいと思います。

 

 

吸収率が違う

 

モノグルタミン酸型(合成葉酸)の場合、吸収率は約85%
ポリグルタミン酸型(天然葉酸)の場合、吸収率は約50%

 

化学合成された葉酸の方が、圧倒的に吸収率が高いということになります。
合成成分ということで不安になる方も多いかもしれませんが、
体内で葉酸を効率よく働かせるためには、この吸収率がとても大切です。

 

厚生労働省が推奨している葉酸400μgという摂取量は、
あくまでも合成葉酸の場合であり、天然葉酸はこの摂取量ではいけないということになります。

 

 

赤ちゃんのためにはモノグルタミン酸型の葉酸を!

 

合成成分は摂取したくないという方もおられると思います。
ですが、合成葉酸を摂取せずに天然葉酸を摂取することは吸収率が悪く、
せっかく葉酸を摂取しても、体内で効率よく効果を発揮することができなくなってしまいます。

 

そうなると、せっかく400μgの葉酸を摂取していても、あまり意味がありませんよね。

 

天然葉酸で安全性を追求するのではなく、先天性異常などのリスクを低下させるために、
つまり赤ちゃんのために、合成葉酸を摂取するということが大切になるのです。

 

安全性を追求したいという場合、葉酸はモノグルタミン酸のものだけれど、
添加物などが少ない、もしくは無添加となっているサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

 

◆ディアナチュラ葉酸サプリはどっち?

 

ディアナチュラ葉酸サプリは、モノグルタミン酸型の葉酸を使用しています。
そのため、吸収率は約85%ととても高くなっています。

 

ただ、ディアナチュラの葉酸サプリは、90%以上が添加物で出来ているため、
安全性を追求したいという方にとっては不向きなサプリメントとも言えます。

 

栄養素も、葉酸以外にはビタミンB6、ビタミンB12のみの配合となり、
カルシウムや鉄分などは含まれていません。

 

そのような点からも、出来れば栄養素が豊富に含まれているものを選ぶことがおすすめです。

 

 

関連記事

副作用はあるの?胎児に影響がある葉酸サプリの副作用について
葉酸サプリを購入前にチェック!こんな葉酸サプリが危険!